• ほとんどなにもない

    投稿 27 2011年11月 by 暫定CEO in プロジェクトについて with 0 comments

    しごとにて石垣島。

    11月の石垣島は、シーズンオフにもかかわらず、

    活気に満ちている。

    あるのは、

    青い海と離島へいくターミナル港。

    あとは、とりたててなにもない。

    それでも、いたるところ、活気に満ちあふれている。

    人がなにかを購入する重要な要素。

    これ以外はとりたててなにもない、というシンプルさ。

    ビジネスでも、

    やりたいこと、やれそうなことは、

    山ほどあるが、

    なにをやらないかが重要な要素の1つとなる。

    経験豊富な登山家も、

    エベレストやK2などに登るときには、

    なにをもって行くかより、

    なにをもって行かないでおくかが勝負になる。

    重要なのは、

    ほとんどなにもない

    とい印象。

    つまり、

    (ほとんどなにもないけど)あるべきものがある

    ということ。

    旅行のスナップ写真なら、人物と景色が写っていれば、

    あとはほとんどなにも写っていなくていい。

    自宅が写っている必要はないし、

    関係のないものが写っている必要はない。

    世界中のほとんどのものが写っていなくていい。

    むしろ、写っていないほうがいい。

    石垣島にいって写真を撮ったら、

    背景にスフィンクスが写っていた

    とかなったら、ややこしくてしかたない。

    よけいなことをせず、

    重要なことを1つか2つしていれば、

    ビジネスは、かならずうまくいく。

    Top

  • もっともっと役に立て

    投稿 18 2011年11月 by 暫定CEO in プロジェクトについて with 0 comments

    人は、

    役に立つ、貢献したと感じられると

    充実感があるが。

    役に立ってばかりだと、

    役に立たないと存在価値がないんじゃないかと思って、

    自分のやりたいことが見えなくなる。

    バランスが重要。

    会社やプロジェクトもおなじで。

    役に立つとか社会貢献とかばっかり言ってると、

    会社のビジョンとかやりたいことが見えなくなってくる。

    役には立ってるっぽいけど、

    儲からないとか、

    もっと役に立て、貢献しろ・・・

    とか「もっともっと・・・」と言ってくるお客さんが増えるとか。

    バランスが重要。

    つくづく恋愛とビジネスは似ていると思う。

    自分のことばかりだと、

    家族から愛想をつかれるし。

    かといって、

    家族優先いっぺんとうでも

    だれも喜ばないし。

    Top

  • 不運にもブッダに出会ってしまったら、

    ちゅうちょすることなく、

    はり倒せ。

    いっしゅんの迷いもなく、

    蹴り飛ばせ。

    ブッダから説法なんて聞いても

    役に立たん。

    遠慮してても学びはない。

    本気でかかっていけば、

    ブッダは、

    あなたの固定概念の1つや2つは、

    かんたんに、へしおってくれる。

    あたらしい自分になれる。

    とおまきに見ていたら、

    後光くらいは楽しめるのかもしれないが、

    なにも変わらん。

    次元のちがう本物に出会ったら、

    まよわず、

    ちゅうちょせず、

    はり倒しにかかろう。


    不運にも、

    キリストに出会ったら、

    よく観察して技を盗め。

    ブッダとちがい、

    はり倒しにいっても、

    無視される。

    キリストは、

    基本、

    弟子をとらない。

    まともにやりあっても、

    「隣人を愛しましょう」

    くらい平凡なことしか言わない。

    ただし、平凡ではあるけれど、

    指摘は適切なので、

    すなおにきいておいて、損はない。

    Top

  • 米HPが以前、PC部門のスピンオフを計画していたが、

    CEOが交代となり、PC部門保持の方針を示した。

    HPは、アップル社とおなじく、速攻成功型の企業。

    速攻成功型の企業が成功する特長として、

    独自性と複合性があげられる。

    速攻成功型の企業は、

    複合的に事業展開するのが成功のもと。

    かたや、じっくり成功型の企業は、

    PCならPC、OSならOSに特化して事業展開するのがいい。

    成功者のパターンについておさらい。
    成功者にはつぎの2パターンの成功法則がある。
    ●じっくり考えて成功するビジネスパーソンが成功する
    ●即実行で成功するビジネスパーソンが成功する
    どちらで成功できるかは、
    その人の個性による。
    以下の記事にまとめてあるので、くわしくはそちらで。
    思いつきの実践とプロジェクトの成功
    ビジネスパーソンが成功する前の特徴
    Eric Schmidtにかわって、Larry PageがCEOに
    Googleインスタント検索と成功タイプ
    封筒に入るノートブックをつくれ
    これ、そろそろ面倒なので、
    「じっくり成功型」

    「速攻成功型」
    ということにしよっと。

    故スティーブ・ジョブズさん自信が言っていたように、

    独自のPCとOSを開発しているのが、アップル社のつよみの1つ。

    今回、米HPがPC部門を保持するとした決定は、

    速攻成功型という観点から、正解。

    それはいいとして。

    ビジネスがデリケートなのは、

    スティーブ・ジョブズさんは、

    「なにをやるかより、なにをやらないかが重要だ」

    とも強調されていた。

    この絶妙なバランス感覚がわからない。

    じゃぁ、どうして、PCかOS、どちらかにしぼらなかったのか。

    たしかに、MACのラインナップも大幅に減らしたけど、

    どうして、ノートブックのみ、デスクトップのみ、Macminiのみ・・・

    とかにしぼらなかったのか。

    まったくもって、どこでセンビキしていいのかわからない。

    ナイキの靴は、いったい何種類にしぼればいいのか。

    ユニクロのラインナップは何種類まではいいのか。

    TOYOTAは、F1に参戦すべきか。

    CANONは、ミラーレス一眼に参入すべきか。

    Googleは、電力会社に投資すべきか。

    梅宮辰夫さんは、らっきょを売るべきか。

    浜田雅功さんは、ドラマに出演すべきか。

    そこで、

    速攻成功型、じっくり成功型の観点から結論。

    速攻成功型は、好きなことをやる。

    じっくり成功型は、専門性の高いことに集中する。

    Top