• ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方02】

    投稿 20 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方02】

    ジンカクタイプのゲスな生き方の基本は、「説得しない」こと。

    まわりから、あーだこーだと説明を求められたり、

    批判、否定、反対、アドバイスなんかがあっても気にしない。

    説明責任がどーのこーのとごねられても気にしない。

    はっきりと、批判やアドバイスなんかを拒否して、

    説明もしようとしないこと。

    知るかぼけっ、と蹴散らしておく。

    Top

  • ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方01】

    投稿 18 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方01】

    ジンカクタイプが

    ジンカクタイプだけに話す

    ジンカクタイプがうまくいく

    ジンカクタイプのための

    ゲスな生き方のすすめです。

    Top

  • 真夜中のクマ15thシーズンVol06

    投稿 17 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    真夜中のクマ15thシーズンVol06

    まったく練習せずに、案の定、大失態。

    めちゃくちゃへたくそなデキだったのに、

    「あれ? 今の、へたでした?」

    ととぼけるダンディ。

    「あれ? 今のダメでした?」

    「あれ? 書類まだ出てませんでした?」

    「あれ? わたしがやるんでしたっけ?」

    なんの迷いもないことなのに、とぼける。

    ダンディの証は、驚かずとぼけるところ。

    本当なら「え? それ、わたしがやるんじゃないですよね。Aさんがやるはずですよ」と言うはず。

    どうせなら、怒った演技、いさめる演技くらいすればいいものを、

    そこまでの勇気はないので、とぼける。

    Top

  • 真夜中のクマ15thシーズンVol05

    投稿 16 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    真夜中のクマ15thシーズンVol05

    注意されたこと、指摘されたことばを

    そのまま繰り返せば同意して話を終わらせようとするダンディ。

    「電気ついてたから、出かけるときは消してね」

    と言われて

    「あ、消えてなかったね」と言って話を終わりにさせようとする。

    ダンディの頭のなかは

    「本当だね。消えてなかったね」

    ということ。

    あたりまえだけど、本来は

    「出かけるときは消してね」

    ということ。

    ダンディは「消えてなかった」ことにしか同意していない。

    話し相手は「出かけるときには消す」ことに同意したと誤解。

    いつまでたっても

    ダンディ「たしかに、消えてないよね」

    相手「消してなかったから消してね」

    の繰り返し。

    そして、話がかみあわないと言って苦闘したふり。

    離婚街道まっしぐら。

    Top