• ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方06】

    投稿 27 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方06】

    『機嫌がわるい』という理解不能な状態。

    機嫌がわるいのに、なんとも打開しようとしない人。

    こうなると、ただのアピールでしかない。

    「機嫌がわるいんだから、なんとかしなさい」という演技でしかない。

    本当に機嫌がわるくなるようなことがあれば、

    考えて、行動して打開しないといけないけど、

    全然、そんなそぶりもない人がいる。

    機嫌がわるいのにかまってもらえないと、

    「気を使わないで」など、わけのわからないことを言い出す。

    機嫌がわるいと気を使ってやさしくしてもらえると思い込んでいるらしい。

    Top

  • ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方05】

    投稿 25 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方05】

    レーバイタイプには、話をくわしくきいたり、

    理由を聞いたり、説明をもとめたりしても

    十中八九、正直に答えてくれることはないと思っていい。

    1回、2回、しかたなく念のため聞いてくのはいいですが、

    繰り返し聞くと話がどんどん変わって混乱させようとしてくるだけ。

    問いただしても

    「そういうことじゃないです」

    と言われるのがオチ。

    ダンディは、楽しくても楽しいとは言わない生き物だと思ったほうがいい。

    Top

  • ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方04】

    投稿 24 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方04】

    ジンカクタイプは、命令と話し合いとお願いを明確につたえるといい。

    レーバイタイプは、命令、お願い、話し合い、相談、提案などの区別がついていない。

    命令や指示に対してよくわからない反抗をしてくる人には、

    わかりやすく「お願いや提案ではありません。指示です。」と言ってあげること。

    とくにダンディなレーバイタイプの場合は、

    ほとんどを『自分へのお願い』だと勘違いしている。

    ヘアカットに行って「切らなくてもいいでしょー」と言われるようなことさえあり得る。

    自分の役割を自覚していることはないので、相手の自主性に任せようとするとおかしなことになることが多い。

    Top

  • ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方03】

    投稿 23 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【ジンカクタイプの生き方03】

    もともと、相手に悪意がある場合は、

    配慮してもうまくいかない。

    気を使って相手の気持ちを察してあげようとしても

    すれちがうだけ。

    「なに食べる?」と言ってきても、

    本当はなにが食べたいかは決まっている。

    相手の気持ちを察して相手の食べたいものにあわせてあげようと

    思っていても、相手は、あなたの食べたいものを食べましょうという

    風情で、自分の食べたいものを食べられるようにしようと思っている。

    かみあうわけがない。

    Top