• ワールドカップでブラジル代表を3度、優勝にみちびいているサッカー選手、ペレさん。

    本名、エジソン・アランチス・ドゥ・ナシメントさん。

    ワールドカップ決勝での自身のアシストについて、

    味方がスペースに走り込んでいるのは、見えなかったが、
    走り込んでくるはずだと思って、スペースにボールを蹴りだした。

    と語っている。

    実際に、スペースに走り込んできた味方選手がいた。

    その選手は、

    走り込んでいったら、最高のパスが来た。

    と語っている。

    ここから、ビジネスにかんする示唆がいろいろと読み取れる。

    もっとも重要なのは、チーム内で信頼関係を築くことが勝利につながるという点。

    わかりあう、お互いの特性、才能を知る、ということ。

    味方が走り込んできているのが見えないのにパスを出すわけだから、

    「走り込んでくるにちがいない」

    と味方を信頼している。

    走り込む人にしたって、

    「ペレなら、見えなくても必要ならパスが出せるにちがいない」

    と信頼しきっている。

    見えてないから、走り込んでも無駄だろうと思っていたら、
    なにも成立しない。

    わかりあう、信頼し合う環境づくりができているかどうかが、
    ビジネスでもとても重要になる。

    さて、

    ちょっと話がむずかしくなるかもしれないけど。

    じつは、

    理解し合うことと、信頼することは、対局にある。

    おたがいに100%理解し合うなんて、無理な話。

    だから、理解しようとしすぎると失敗する。

    「なぜ、見えていないのに最適なパスが出せるのか?」

    本人にしかわかり得ない、あるいは、本人すらなぜかわかり得ない領域がある。

    それを理解しようとしすぎると、

    動けなくなる。

    「どうして、こんなに的確なパスが出せるのか」理解できない。。。

    わからん。。。

    なんでだ。。。

    と考えすぎると、

    答えが出るまで、スペースに走り込めない人になってしまう。

    「わからんけど、ペレならパスできる」という
    ある意味、根拠のない信頼がときに、おおきな成果を出す。

    つまり、

    才能を十分に発揮している人材は、

    できるだけ指示を出さないこと。

    これが、チームビルディングのコツ。

    ペレさんに指示を出したら、
    サッカーがめちゃくちゃになりかねない。

    ペレさんに

    「きみの出すパスは、理解不能だから、もっと、わかりやすいパスをしてくれ」

    なんていったら、ワールドカップ3度の優勝もなかっただろう。

    ぎゃくに、

    ペレさん的立場でいうと、

    ビジネスの場合、

    経営陣とかプロジェクトマネージャーになるだろう。

    とすると、

    見えなくても、ええところにパスだすから。俺がボールをもったら、
    きみは、シュートしやすいスペースに走り込んでみてよ

    的な話し合いが効果的になる。

    あとは、

    ふだんから、

    本当に、

    ええところにパスが出せるかどうか

    が問題。

    出せれば、まちがいなく、
    信頼は深まる。

    ちなみに、ええパスが出せなくても、
    練習して、めげずに蹴りつづけることも
    リーダーにとっては重要。

    Top

  • 30SECOND MBA

     

    ビジネスにかんする疑問に経営者が30秒で答えてる

    のを動画で公開してるサイト。

     

    facebookのCEO、Mark Zuckerbergさんなども出てる。

     

    動画の内容は、まぁ、

    びっくりするくらい、

    たいしたこと言ってないのでいいとして。

     

    1つは、プロフィール写真と動画に出てくる人が

    まるで別人に見えるほど

    プロフィール写真がよくできてる。

     

     

    そのあたりは、

    さすが、エンターテイメントの国

    って感じ。

     

    米国のTVドラマ見ててもそうだし、

    ハリウッド映画もそうだけど、

    演技が非日常的。

     

    でも、それがまた魅力的だったりする。

     

    けど、

    よくよく考えると、

    だれもそんな表情とか話し方せぇへんでぇ

    という演技ばかり。

     

    英語で日常会話ができるようになってくると

    多くの人が感じること。

     

    日常会話はできるのに、

    映画が英語で理解できない。。。

     

    米国の人に聞くと、たいてい、

    「あぁ、映画の会話は別ものだから、

    それ用の訓練が必要だよ」

    とあっさり言われる。

     

    「それ用」ってなんやねん

    って感じやけど。

     

    エンターテイメント用の会話は、

    日常会話じゃない

    とはっきりきっぱり理解されているらしい。

     

    話をもどして。

     

    How do you generate innovation?
    How do you prep for a board meeting?
    How do you generate ideas?
    どうやってイノベーションを起こすか?
    役員会議はどんな感じで挑むの?
    どうやってアイデアを生み出す?

     

    みたいな質問がたくさんあるけど。

    どれもまともな答えはない。

     

    これには、理由が2つあって。

     

    1つは、成功した経営者が、

    あらゆる成功法則を持ってるわけではない

    ということ。

     

    もう1つは、

    30秒で答えられる秘訣はない

    ということ。

     

    動画をざざっと見た感じを

    をなんとなくだいたいてきとうに俺なりにまとめると。

     

    成功している経営者は、

    やらなくていいこと

    をできるだけやらないようにしている。

     

    たとえば、

    やたらと悩みつづけたり、

    議論しつづけて行動を遅らせたり

    そういう無駄なことをしない。

     

    「こういうときは、こうすべきだ」

    という答えを、どんな成功者も

    はっきりと答えられないんだから、

    やってることはなにかといえば。

     

    「いまやっていることが、本当にやりたいことなのか、すべきことなのか」

    答えがノーなら、ただちにそれをやめてべつのことをする。

     

    最後のしあげに、

    プロフィール写真は修正しまくって

    涼しい顔をしておく。

     

    Top

  • プロジェクト管理、タスク管理というと、

    作業を細かく見積もって積み上げる

    ガントチャート形式が一般的かもしれませんが。

     

    この方式は、

    成果が著しく生命にかかわり、

    かつ、

    作業手続きが研究され確立されている

    という条件を満たしたプロジェクトにしかむいていない。

     

    たとえば、建築現場の作業は、

    成果である建物が著しく人の生命とかかわる。

    かつ、建築作業手順が細かく確立されている。

     

    コンクリートの混ぜ方や水分量をはじめ、

    あらゆる行程がくわしく研究されている。

     

    だから、逆にいうと、

    これらの行程を詳細に見積もらずにすすめることは、

    危険だということ。

     

    時間がないから、コンクリートをあまり撹拌せずに

    流し込んじゃいましょうとかしだすとおかしなことになる。

     

    多くの場合、誤解されているのは、

    建築デザインと建築現場がおなじである

    と考えていること。

     

    建築現場での作業は、

    すでに、設計図ができている状態。

     

    車のデザインや設計図ができあがると、

    その生産工程は、詳細を見積もることができる。

     

    とかいったこととおなじ。

     

    病院のオペレーションなんかもおなじ。

    すでにさまざまな手順が確立されているので、

    さだめられた手続きを正確に把握して実行する必要がある。

     

    というわけで、

    作業行程の詳細の見積もりは、

    作業や業種に応じて、バランスよく

    おこなう必要がある。

     

    そして、作業を見積もるにしても、順序というものがある。

     

    建築の例でいえば、設計図ができていない段階で、いくら作業の詳細を決めても無駄なだけ。あとあと、使用するコンクリートの量もちがってくるし、季節もちがえば、天候もちがう。あらゆる見積もりが無駄になるのは火を見るよりあきらか。

     

    別の例で。

     

    たとえば、アイボがなかった時代に

    ロボット犬

    をつくろう、となったら……。

     

    こんなプロジェクトの行程を細かく見積もっても、無駄。

     

    あたりまえの話で、
    ガントチャートや作業分解して日程を細かく見積もるのは、
    プロジェクト管理ではなくて、
    工程管理なのだ。

     

    プロジェクト管理するのに、

    工程管理手法を使ってどうすんねんっ

    ちゅう話。

     

    いつ販売するのか?

    そのためには、いつまでになにが必要か?

     

    ということが重要。

     

    つまり、

     

    ゴール(プロジェクトの目的)と中間目標(マイルストーン)

     

    が重要になる。

     

    今では、ITやWebとかかわりのないビジネスなんてほとんどない。

     

    ITといえば、

    OS、ブラウザ、ネットワーク……などなど、

    あらゆるものの使用が日々変化する。

     

    facebookの仕様が変更されただけでも右往左往

    ということも少なくない。

     

    こんな分野で、

    定まった手順とか、

    確定した企画とか設計とか、

    期待できるはずもない。

    永久的に無理な話。

     

    残念ながら、IT系のしごとにおいて、

    プログラミングを含め、日常的な企画・制作に

    ガントチャートの出番はない。

     

    (ただし、ある場面では有効なこともある。できあがったものに対して、安全性をテストする場合なんかは、有効。)

     

    まとめると、

    プロジェクト管理は、工程管理とはちがって、

    流動性、柔軟性、創造性を考慮して遂行する必要がある。

     

    ジニーフレームは、工程管理ではなくて、

    プロジェクト管理ツールなので、

    プロジェクトの目的とマイルストーン(中間目標)を

    もっとも効率よく遂行できるようにできている。

     

    だから、タスクには、日付けがいれられないようになっている。

     

    いつ、なにをするか

    よりも、

    いつまでに、どういう状態になっているか

    のほうがプロジェクト管理には重要だから。

     

    残業時間を自慢しても、

    残業代が出る会社なんて、まれだし。

     

    残業してもしなくても、それは好き好きだけど。

     

    感謝してありがたく集中して働いて、

    最大の効果を発揮するしごとができたほうが、

    健康にいいに決まってる。

     

    とはいうものの。

     

    働けば働くほど、その成果とは関係なく出世して安定した給与上昇があって・・・というひとむかし前の気質から企業自体が抜けられないという現状もある。

     

    そういう企業体質のなか、

    体を壊しそうになりながら働いている人も多いかもしれない。

     

    いかん、話がながくなってしまった。。。

     

    ようは、

    効率よく楽しくしごとをするためのツールが

    ジニーフレームなわけだが。

     

    一般的になじみのある工程管理ではなく、

    プロジェクト管理ツールなので、

    使い始めがなかなかこなれないかもしれない。

     

    そこで、まったく新しい感覚のプロジェクト管理を

    かんたんに導入して始められる

    ジニーテンプレートがリリースされた

    とかいう話。

     

    ジニーフレーム利用ページへ直接読み込んで、

    ちょちょっといじれば、

    ほとんどそのままプロジェクト管理に使える。

     

    Top

  •  

    スモールビジネスでも動画が積極的に活用される時代がくる

    と言われて、久しいですが。

    もう3年くらい、来る来るといわれつづけてますが。

     

    言われてから3年くらいで、だいたい波がくることが多いので、

    そろそろホントにくるでしょう。

     

    ところで、

     

    デジタルコンパクトカメラの価格が急降下。

     

    スマートフォンで、

    撮影、保存、加工、アップロード

    ぜんぶ、できちゃうので。

     

    だれがどう考えても、

    デジタルコンパクトカメラを買うメリットなし。

     

    数年前には、

    にぎわっていたデジカメコーナーも、

    今では、さみしいことこのうえない状況。

     

    低価格帯のデジタル一眼レフに興味をもった人が、

    ぎりぎりな感じ。

     

    デジタルビデオカメラにいたっては、

    いっさい売る気のない場所になっている。

     

    デジカメ界も2極化がすすんで、

    観光地で売られる使い捨てデジカメか、

    高級機かってことになるだろう。

     

    話をもどして。

     

    そんなこんなのiPhone革命で、

    デジタルカメラの産業構造は、すっかり壊れ、

    そのかわりに、

    デジタル一眼レフの中級機でも、

    動画が撮影できるようになり。

     

    とうぜんのように、

    youtubeでは、無料で動画がアップできて。

     

    状況としては、

    動画をビジネスに活かせる環境は、

    整ったように感じられる。

     

    というわけで、撮ってみたみたのが、冒頭の動画。
     

     

    ↑使用したのは、デジタル一眼レフの中級機。

    たんに手持ちで撮ってみただけ。

    しかも、部屋のなかで。

     

    ど素人が撮っても、

    なんとなく、それらしい動画になる。

     

    ということは、

    1、2年映像を学んだ学生とかなら、

    もっと使える映像が撮れるにちがいない。

     

    あなたのビジネスと夢を実現する映像制作

    とかなんとか、

    活気のある若い人たちがやりだしたら、

    急速に、動画が活用され始めるかもしれない。

     

    Top