もっともっと、しごとを楽しく

ジニーフレームの最新情報、開発秘話、メンテナンス情報などをおつたえしています。

  • たとえば、大学受験。

    勉強時間の配分で、国語2時間、算数2時間、英語1時間・・・

    こんな時間配分で、偏差値の高い大学に合格する人は・・・、まず、いない。

    偏差値の高い大学に合格することがいいかどうかは、べつとして。

    望む結果を出したいときに、こういう時間配分/管理は、きわめて非効率的すぎる。

    その日1日をどれだけ集中して生きたかが重要で、なにを何時間やったかは、それほど重要ではない。

    名作を残すアーティストにしても、偉大な発見をする人にしても、時間管理をしているとは考えられない。

    集中力を管理、コントロール、あるいは調整できる能力がとても重要になる。

    といっても、集中力を自在にあやつるというのは、ヨガの達人とか禅のマスターとか合気道の達人とか・・・相当熟練した能力が必要になる。

    そういう人たちは、知る限り、たいてい60歳を超えている。

    そこで、卓越した結果を残す人がやっている集中力管理のもっとかんたんな方法が、場所管理

    アーティストならアトリエとか収録スタジオなどがあり、

    スポーツ選手なら、スタジアム、競技場があって、

    いつも1つのことに集中できる場所が確保されている。

    よく管理された神社に行けば、神聖な気持ちになってこころがおちつくということのもあるしね。

    集中できる環境づくりは、望む結果をだすためにはとても重要ということ。


    さて、ここで、もっともたいせつなことは、

    集中できないときは、その場所から離れること。

    Google社には、ビリヤード台があったり、アミューズメント施設があって、いつでも利用できることは有名ですが。

    気分が乗らないときは、デスクでしごとをしているより、ビリヤードでもやったほうが、よほど効率がいい。

    デスクは、集中しているときにしかいない場所になって、ますます集中できる場所になっていく。

    しかも、気分が乗らなくてしごとから離れるときは、できるだけ遊んだほうがいい。

    遊びは、人間の集中力を高める効果的な行動の1つだから。

    回復した集中力でしごとにもどれれば完璧。

    Top

  • どんなプロジェクトも「いつ」「どうある」のかが、段階的にある。

    30日後に新サービスをリリースするとか

    明日、部屋をきれいにするとか

    1週間後にマラソンに出場するとか

    今年は、300冊、本を読むとか

    魔法のランプから出てきた魔人に、「掃除しといて」「はい、ご主人様」ってなっても、ぜんぜん、掃除されないので、魔人に聞いたら「ご主人様、10年後でいいのかと思ってました」ってなるのは面倒だし。

    つまり、期日と状態が明確なものをプロジェクトという。

    で、やってはいけないのは、作業量から期日を決めること。

    作業量から、期日を決めるということは、知識や経験から作業時間を見積もることになる。

    これをやると、現状の知識や経験から逃れられなくなる。

    マラソンを6時間で完走すると決めれば、おうおうにして6時間かかる。

    要点は、「何時間で走りたいのか?」ということ。

    もちろん、早ければ早いほうがいいとか、30分で完走したいとかあるかもしれないけど。

    ぎゃくにいうと、チームが本気になれる期日設定がもっとも楽しい。

    だから、期日について、自分(プロジェクトマネージャーやチーム)の本音を真剣に考えることが重要。

    そう考えると、長過ぎても短過ぎても楽しくない。

    「みんな30年後にエベレスト登頂しよう」といっても(いくら登山が好きな)チームでもまとまらない。
    「みんな明日、エベレストに登頂しよう」といってもチームはまとまらない。

    チームがまとまって、本気にとりくめる期日というのがかならずある。

    ここで、また、話がもどる。

    「じゃぁ、結局、作業量から適切に見積もればいんじゃないの?」ということ。

    やってみましょう。

    ●エベレスト登頂に必要な体力づくり(1日3時間の有酸素運動)
    ●道具をそろえる(必要資金700万円/1人を確保する)
    ●エベレストの登山許可をとる(そのために、5大山を登頂する(1山/年で計5年))
    ●登山技術を身につける(初期訓練4ヶ月)
    ●現地シェルパのコネクションづくり

    平行して、実行すれば、5年と4ヶ月です。

    とかいっても、まず、10年かかっても登頂できない。

    そんな作業を見積もるより、

    「3年で登頂しよう」と決めたほうがプロジェクトが完成する見込みは高い。

    この場合、無意識でも脳は、「3年で登頂するためにすべきことは?」という答えを見つけようとするしね。

    というわけで、結論。

    作業にかかる時間から見積もったプロジェクトは、完成しないか、大幅に遅れる。

    Top

  • 顧客からの要望が1,000あるとすれば、なかには1つくらい有益な要望があるかもしれない。

    残りの999は、たいてい検討する価値もない。

    少なくとも、顧客より自分たちのサービスを愛して行動していたら、

    顧客からのなんとなくの要望などとるにたらない、と思っておいたほうがいい。

    なかには、自分たちよりそのサービスを愛して高い知識を持って意見してくれる顧客もいる。

    そういう意見は真摯に受け止めてしかるべき。

    だけど、プロ野球選手にむかって、「もっと腰を使え!」とかいうような場当たり的な野次馬の声に惑わされる必要はない。

    「こっちは、金払って見に来てるんだ。もっといいプレイを見せろ」と言われても、自分たちのほうが野球を愛し、技を磨いている自信があるなら、「見たくなければ、帰れ!」と自信をもって言えばいい。

    まちがっても、「この人の求める『いいプレイ』とはなんだろうか?」なんて真剣に考えてはいけない。

    Top

  • メッセージの検索

    投稿 21 2011年4月 by 開発/サポート in ジニーフレーム新機能 with 0 comments

    ジニーフレームで書き込んだメッセージをキーワードで検索するには、メッセージタブをクリックして、リスト表示を選択します。

    リスト表示にすると、画面右に検索エリアが表示されています。

    Top