もっともっと、しごとを楽しく

ジニーフレームの最新情報、開発秘話、メンテナンス情報などをおつたえしています。

  • 米経済誌フォーブスがまとめた毎年恒例の「有名人(セレブ)100人番付」で、米人気ポップ歌手レディー・ガガさんが、米人気司会者オプラ・ウィンフリーさんを押さえて首位に選ばれた。フェイスブックで3200万人のファンを集め、ツイッターのフォロワーも1000万人に達したことが評価された。

     

    経済誌のフォーブスが、セレブランキングの決定において、SNSでの活動を高く評価してランキングを決めたという記事。

    2位のオプラさんの年収は、約200億円。1位のレディーさんが70億円くらいで公表されてたので、フォーブス的には、SNSでの活動を相当高く評価していることがうかがえる。

     

    話は、とつぜん変わるけど。

    自転車ロードレースの選手は、なぜか、twitterつぶやき率が高い。

    理由は、

    自転車ロードレースは、5時間前後、自転車に乗り続け、競技しつづけるスポーツ。

    しかも、テレビ中継されていても、レース中に起こっている細かいできごとは、画面にはうつらない。

    ドーピングコントロールもかなり荒手で、

    休暇中、自宅でゴロゴロしてるときに、

    とつぜんやってきて、検査を要請されることもある。

    あまりにも、画面にうつらないことが多いスポーツといえる。

    と、どうなるかというと。

    あることないこと、新聞や雑誌、メディアに書かれる。

    書くほうも、あるていど憶測や想像で書くしかないという面がある。

    あるいは、見えない部分で選手同士の事情があっても、わからないので、

    誤解したり、勝手に決めつけたりして書いてしまうことも多い。

     

    そういう特性のあるスポーツだったので、

    ランス・アームストロング選手などをはじめ、トップ選手が、

    レース直後に、

    選手が自分で、レース内容や感想をつぶやくようになった。

    ゴールして数分後にはつぶやかれているということも少なくない。

    夢にむかって行動する人と応援する人の絆を構築するという面では、

    SNSの評価が高まるのもうなづける。

     

    いっぽうで、

    SNSで個人が気軽に情報を発信するようになって、

    未確認、事実無根の情報が垂れ流されるという問題もあるけど。

    この問題への対応は、意外にかんたんに思える。

    他人のことをとやかくいう情報は無視すればいい

    ということ。

     

    スポーツ選手が試合後に自分の雑感や状態や気分をつぶやくのに、

    なんの根拠も必要ない。

     

    試合をがんばり、自分のことについてつぶやいたことは、

    人気があるなしにかかわらず、

    自然、尊重されるのは、当然のこと。

    原発に反対を表明して、テレビ番組を下ろされたタレントさんのつぶやきとか、

    完全に、大衆メディアのコントロールを凌駕してる感があるしね。

     

     

    れから、facebookやtwitterを活用して、ビジネスを盛り上げたい

    という経営者も多いだろうと思われる。

     

    その際、

    集まってくれる人との自社(プロジェクト)の絆を深められれば、

    成功まちがいなしだろう。

     

    どういうふうに絆を深めるかは、

    各社の課題にはなるだろうけど。

     

    個性を表現することと、

    情報源が自社(自分)である

    という2つは、重要なポイントになるだろう。

     

    ぎゃくにいうと、

    効率よく見込み客を集めて、

    メリットを告知する

    という従来型のメディアから脱却しておかないと、

    厳しいともいえる。

     

    だれも、

    ランス・アームストロング選手のつぶやきで、

    「ぼく、ツール・ド・フランスという大きな大会で7連覇しました」

    とかいうのには興味をもたないだろうからね。

    そんな告知されても、効果はないだろうと思われる。

    「こんなプロジェクトやってます。こんなメリットあります。」

    とか、言いたくなるのをグッとこらえられれば、成功まちがいなし。

    Top

  • 経営コンサルタントの船井幸雄さんが、新刊を出すにあたって、自サイトでつぎのように書かれてた。

    本書のポイントは、つぎの二つになります。
    まず一つめです。世界の人々の常識は「性悪説発想」そして「エゴこそ大事」「自然を征服するのが人間の役割」と考えているようですし、「競争は善」であり、「陰謀、策略は賢者の必要欠くべからざるもの」という発想で生きているようです。

    二つめは、しかし「日本人はいま狙われているようだ」ということを知ってほしかったのです。

    BY 船井幸雄さん(原文

    よわいを重ねたからこそ言えるのか・・・どうかわからんが。

    競争に勝つこと、陰謀や策略で理想を実現することは、賢明に生きる知恵で、

    行使すべきだという発想は、

    日本人には根本的にない発想で、

    欧米では随所に観られる発想だ。

    で、

    「日本人はいま狙われているようだ」というのがミソ。

    もし、なにか陰謀があっても、

    それは、

    あくまで、

    陰謀

    だから、だれも「狙ってますよ」とは言わない。

    だから

    「日本人はホントに狙われているのか?」という議論は、

    どこまでいっても役にはたたない。

    重要なのは、

    「どうも、日本人は、いま、狙われている疑いがおおいにあるだろう」

    という見識。

    「狙われてることを全面的に否定するのも肯定するのもバカげている」

    というわりきり。

    重要というのは、

    ジニーフレームに興味をもたれるような

    経営者や個人事業主、夢を実現したい人にとって

    重要ということ。

    国連の報告にも、

    「このままでは、ドルが崩壊するかもしれない漠然とした懸念がある」

    とあるように。

    世界がダイナミックに動いている。

    そんななか、

    経営者も個人もたいていは、

    多くのしあわせを願って、

    生きている。

    もし、ホントに見えないところで動いている謀略があるとしたら、

    まじめにビジネスしてても、夢を実現しようとしても、

    あるいは、クリーンなエネルギーがいいなぁといったことでも、

    実現しづらいし、まじめに考えるだけ損な感じですらある。

    でも、

    案外、

    コトはかんたん。

    「狙われてるかどうかわからないけど、
     なにも、わざわざ、
     その可能性をつよく否定することもないな。
     その可能性も多少は考慮して、
     いま、自分のできる最善のビジネスと生き方を
     考えればいい」

    というポジションに立てばOK。

    「詐欺師?
     まぁ、世の中には
     そういう人もいるらしいね」

    そう思っているだけで、詐欺師は詐欺をしづらい・・・みたいな感じ。

    すくなくとも、

    あらゆる可能性を考慮して、

    もっとも自分(達)のやりたいことを

    どんどんやっていくのが、

    プロジェクトの楽しみ方だ。

     

    Top

  • 新卒の就職率が下がりつづけてるけど、学生にも企業にもそれほどの混乱はない。

    パナソニックの今後の新卒採用計画では、1,390人の採用で内訳を見ると、日本国内での採用290人。日本国外での採用1,100人。

    内定は決まっているものの、就職そのものに魅力を感じていない人も多いという話もある。

    日本人の新卒は採用したくないし、学生も企業に就職したくないので、

    需要と供給のバランスがとれて、混乱が起きていない。

    もちろん、

    すべての学生が、就職に魅力を感じていないということではなく、

    一部の学生が、魅力を感じなくなったということだと思われる。

    ジャーナリストになりたければ、twitterがあるし。

    アイドルになりたければ、youtubeがある。
    ・・・アイドル志望の新卒はいないか。。。

    出版社に就職するくらいなら、
    いくつかWebサイトを運営したほうがいい
    という人も多いことでだろう。

    そもそも、才能と行動力のあるライターは、
    自分のサイトで何百万人もの読者をあつめてるんだし。
    いまさら出版社に就職したいとも思えないという人も多い。

    やっぱり、日本人は、ものづくりが好きなのだ。というのが結論。

    人を管理するマネージャーなんて、興味ない、
    というのが本音だったりする。

    思えば、

    マネージャー職というのができてから、

    どんどん、

    ものづくりができない環境になっていった。

    関係ないけど、

    欧米で流行ってるプロジェクトマネジメントツールが
    日本で流行らない決定的な理由はここにある。

    日本人の魅力は、

    こころざしがかたちになっていくのが喜びなんだから、
    工程が滞りなく進行しているかはどうでもいい
    というところにある。

    工程が管理されればされるほど、

    こころざしは無視されて、

    ものづくりは均一化して、

    おもしろみがなくなっていくのは当然のこと。

    とにかく、

    そんなこんなで、

    就職する気になれないなぁ・・・

    という学生の感覚は、

    とてもまっとうな方向性だ。

    しばらく、就職する気になれないまともな卒業生は、

    混迷するかもしれないけど。

    それほど、混迷はつづかず、

    おなじこころざしを持つ人が自然に集まって、

    ものづくりが加速していく、

    ということになるのでしょう。

    おそらく、ますます混迷するのは、

    インドあたりからとても優秀なマネージャーを採用している

    大企業や古い体質の企業だろう。

    Top

  • 問題をつくりださない

    投稿 24 2011年5月 by 暫定CEO in プロジェクトについて with 0 comments

    プロジェクトをすすめていると、

    問題がかならず見つかる。

    でも、問題を気にしていると、プロジェクトがすすまない。

    これがむずかしい、

    あれができない、

    前工程が遅れていて手がつけられない、

    資源が足りない・・・

    でも、じつは、

    プロジェクトで本当に問題が起こっていることは、

    ごくごく稀なこと。

    水泳選手をコーチングしたとき、

    その選手は、

    手の動きが問題、

    足のタイミングが問題、

    ブレスのタイミングが問題、

    と、あらゆることに問題をつくりだしていた。

    こんな状態で、世界レベルの大会に出場していたことが、すごい。

    勝手に「問題」だと思い込んでいるだけで、

    ほとんどなんの意味もない問題意識だった。

    あえていうなら、

    つぎからつぎへと問題を指摘するフィジカルコーチに問題があったかもしれない。

    その日から、

    「問題は、どこにもない」

    ということにした。

    そして、しばらくのあいだ、フィジカルコーチに休暇をとってもらった。

    日に日に、タイムは短縮された。

    文字通り、問題はどこにもなかった。

    Top