もっともっと、しごとを楽しく

ジニーフレームの最新情報、開発秘話、メンテナンス情報などをおつたえしています。

  • Eric Schmidtにかわって、Larry PageがGoogle Inc.のCEOに就任。

    Eric Schmidtさんは、会長に。

    先日の記事で、ビジネスパーソンの成功には、つぎの2パターンがある、という話をしましたが。

    ●じっくり考えて成功するビジネスパーソンが成功する
    ●即実行で成功するビジネスパーソンが成功する

    Eric Schmidtさんは、じっくり考えて成功してきたビジネスパーソン。

    Larry Pageさんは、即実行で成功してきたビジネスパーソン。

    ちなみに、Larry Pageさんは、1998年に設立されたGoogleの設立者の1人で初代CEO、Eric Schmidtさんは2001年からCEOとして外部から招かれました。

    2011年4月に体制がかわって、Larry PageさんがCEOに再就任。

    インタビュー記事などによると、今後は、各プロジェクトの責任者は直接、CEOに報告をするマネジメント体制をとるらしい。

    逆にいうと、重要なことや気になることがあれば、Larry Pageさんが直接プロジェクト責任者に指示を出す体制だということ。

    即実行で成功する人でむずかしい部分は、独裁に見られがちなところ。

    こういう人がトップに立つと、反発をかいやすい。

    でも、即実行でどんどん成功していくから、止められない。

    即実行で成功するタイプは、じっくり議論・・・なんてしていると、どんどんアイデアの価値が下がっていきます。

    そこで、必要になるのが、働く仲間との信頼関係です。

    じっくり考えて成功するタイプなら、仲間とじっくり話し合って、時間をかけていいものをつくっていくことで「うちの社長は、よく話を聞いてくれる」となるけど。

    即実行タイプは、そうもいかない。

    AppleのCEOスティーブ・ジョブズも、即実行で成功するタイプ。

    あまりにも独裁的すぎて手に負えん・・・とまで言われたかどうかわかりませんが、1度Appleを解任されてる。

    話はLarry Pageさんにもどって。

    じつに10年ぶりにCEO再任。

    おそらく、Googleにとってもベストなタイミングでの就任です。

    この10年で、Larry Pageさんが、マネージャー陣と信頼関係を築いてきていたら・・・の話ですが。

    新サービスの数も速度も、ますます加速していくことでしょう。

    間違いなく、今後も大きく成長する企業の1つ。

    Top

  • 生まれながらに成功者でなんの苦労もなく・・・という人はほとんどいない。

    たいてい、いろいろとチャレンジしながら、それぞれのしあわせパターンを見つけて成功していく。

    前記事の成功するビジネスパーソンのパターン・・・

    ●じっくり考えて成功するビジネスパーソンが成功する
    ●即実行で成功するビジネスパーソンが成功する

    この2つのパターンで考えると、ほとんどの成功者は、成功する前の、あんまりいけてないパターンを経験している。これは、避けてとおれない。

    自分を知る過程だから。

    まぁ、つらいところですが、あきらめて、自分のことを少しずつ知る練習。

    それは、いいとして

    それぞれ、

    ●じっくり考えて成功するビジネスパーソンが成功する前の特徴
    ●即実行で成功するビジネスパーソンが成功する前の特徴

    というのが当然ある。

    かんたんに特徴をあげておきましょう。
    あくまでも、過去にお会いした実績のあるかたの全体的な傾向です。

    ●じっくり考えて成功するビジネスパーソンが成功する前の特徴

    なんとなく反射的に反対してみたくなる
    決定していることにかぎってやりたくなくなる、気分がのらない
    寝言を言うことが多い
    Webショップの買い物かごに入ったままの検討商品がある
    自分から質問をしても、答えに興味がないときがある
    焦ると妙に強気になる
    基本的には深刻ではないが悲観的
    困ったとき、直観で決めると失敗する
    個性的な人や才能のある人を見ると落ち込む
    自分のことで発見があって家族に話すと「そんなの100年前からわかってる」と一喝されることが多い
    自分と違う価値観をなかなか受け入れられない

    ●即実行で成功するビジネスパーソンが成功する前の特徴

    人にたのみごとをしたことがない
    こだわりが少ない
    反対があると、すぐにあきらめる
    長期間、だれともあわずに家の中ですごしても平気。
    騒音があまり気にならない
    ただし、繰り返される短い音楽でイライラする
    質問するとよけいなことを言われて失敗することが多い
    自分のことで誤解されてもあまり気にならない

    どちらの傾向がよりつよいかがわかれば、自分の成功パターンが見える。

    Top

  • 成功するビジネスパーソンの行動パターンには、2つある。

    思いついたことを即実践して、成功するビジネスパーソンと、じっくり考えてから行動して成功するビジネスパーソン。

    あなたがどっちで成功できるかを知る方法は、かんたん。

    「いいアイデアを思いついたと思ったら、即実践したくなる」人は、じっくり考えてから行動して成功するタイプ。

    「いいアイデアを思いついたと思っても・・・、いや、もうちょっとあっためてみるかと思う」人は、ためらわず即実践して成功するタイプ。

    おもしろいのは、「いいアイデアを思いついたと思ったら、即実践したくなる」人は、なぜか、決定していることをなかなか実践しません。

    「やるっ」と決めたことは、なぜかもう一度考え直したくなる性質があります。

    ぎゃくに、「いいアイデアを思いつても、なかなか実践しようとしない」人は、決定していることばかりをためらわずにやりつづけてしまう。

    むずかしいのは、「自分のことを知るのが得意な人」はいないということ。

    自分は計画的なほうだと思っている人ほど、無計画だし、自分は無計画だと思っている人にかぎって計画が綿密だったりする。

    なので、いままでの結果と照らし合わせると自分のことがわかってきます。

    いままででうまくいったことは「熟慮して行動したこと」か「思いつきをすばやく行動にうつしたこと」かどちらか?

    とはいえ、だいたい、これでもわからないのが人間の性というもの。

    友人に聞くのがいちばん早い。

    「(自分は)思いついたことを考えなしに行動したがる人?」と聞けばいい。

    ただし、聞くときの注意点が1つだけ。

    「友人の答えを尊重する」

    期待した答えとちがうと、抵抗したり議論したりしたくなるものですが、素直に聞いておかないと、ケンカに発展ってことも。

    たんたんと、10人の友達に聞けば、自ずとこたえはでるので。

    「(自分は)思いついたことを考えなしに行動したがる人?」にたいして、「はい」が多ければ、じっくり考えてから行動して成功するタイプ。

    じっくり考えてから行動して成功するタイプの人は、人からなにか意見をもらったり、あるいは反対されたりしたときに、立ち止まってよく考えるとOK。

    思いついたことを即実践して、成功するタイプなら、多少の反対があっても最初に思いついた意見をめったなことでは変えない。

    いずれにしても、自分のタイプがわかれば、かなりやるべきことは、シンプルになる。

    Top

  • メッセージの内容をすばやく変更したいときは、本文付近をカチカチッとダブルクリック。


    ※メッセージ一覧の本文をダブルクリックしてもなにも起こりません。

    その場でメッセージ内容を編集できます。

    Edit in placeとかなんとか言うそうです。

    タイトル付近の「編集」をクリックすると、タイトルや該当プロジェクトも編集可能です。

    Top