もっともっと、しごとを楽しく

ジニーフレームの最新情報、開発秘話、メンテナンス情報などをおつたえしています。

  • 東北関東エリアの大きな地震と津波から1週間あまりがたちました。

    このブログを読まれているかたの多くは、経営やビジネス、プロジェクトのリーダーとして活躍されていることと思います。

    まだまだ、原発など予断を許さない状況です。

    わたしも含め、多くのかたが、いま自分になにができるのかを考えて、実際に行動している人やそうでない人、さまざまいらっしゃるのではないかと思います。

    もしかしたら、無力感を感じて気力を失っている人もいるかもしれません。

    今こそ、1人ひとりが好きなことを明るく楽しく元気にやりはじめるのがいちばんです。

    しかも、ただ好きというだけでなく、それをやっていると、自然にまわりに人があつまってきて、まわりも少しハッピーになれるもの。

    そういうものが1人ひとりにあるはずです。

    ビジネスが好きで、事業をおこすと自然に人があつまってくるという人もいるでしょう。

    プログラミングが好きで自然に依頼が舞い込んでくるという人もいるでしょう。

    小説を書くのが好きでいつのまにかたくさんの人に読まれるという人もいるでしょう。

    1人ひとりが、好きなことでプロフェッショナルになることがなによりの支援になります。

    もし、わたしが地震の直後から、笑顔のイラストを書きつづけて公表しつづけても、だれも観ないでしょうし、そんな暇があったら放水を手伝えと言われそうだし、自分でもそう思うでしょう。

    大地震の記録のためにと、カメラをもって写真を撮りに東北へ行ったとしたら、救助の邪魔になるだけです。

    技術力のあるプロのカメラマンが撮影したら、1枚の写真でもまわりに元気と勇気をあたえられることでしょう。

    農業のプロが、これから、より安全で美味しい作物をいかに育てるかを考えて行動しつづければ、それがなによりの支援になります。

    そういう意味でいえることは、

    今後、まわりの人たちと元気や勇気をわかちあえなかったり、調和をもたらさないプロジェクトは、確実に消えていきます。

    が、少しでも元気になって調和のあるプロジェクトやビジネスは、かならず伸びます。

    そのためには、好きなことでプロフェッショナルになるよう技術を磨きつづけることがカギになるはずです。

    あとは、復興支援や救助や医療が得意な団体へ寄付することもできます。そうすれば、支援活動のプロフェッショナルの邪魔をすることもありません。

    Top

  • 現時点で、東京電力の輪番(計画)停電が実施された場合でも、ジニーフレームサービスを提供していますサーバーは、バックアップ装置によって電力供給され稼働いたします。

    ただし、サーバーの中継点やアクセスポイントの状況などによって、断続的、あるいは一定時間ジニーフレームにアクセスできない可能性が考えられます。

    重要もしくは必要なデータは、お客様の管理されるストレージ(お使いのパソコン、その他データ保存機器)にも、かならず保管くださいますようお願いいたします。

    ジニーフレーム
    開発/サポート・チーム

    Top

  • お見舞い申し上げます

    投稿 13 2011年3月 by 暫定CEO in ジニーフレーム新機能 with 0 comments

    地震と津波の被害にあわれているみなさまへ、

    こころからお見舞い申し上げます。

    被災地にいらっしゃる方々すべての安全と安心が一刻も早く確保されることをこころから祈ります。

    ジニーフレーム・チーム一同
    暫定CEO 谷口賢晋

    Top

  • 10数年前に、アクアリムにこっていた次期がありました。

    ようは、熱帯魚の水槽なんですが、アクアリウムの場合、熱帯魚を育成するというより、水草を育成する水槽という感じです。

    これ、かなり、難しいです。

    水草は直物なので、二酸化炭素や窒素が必要。

    でも、熱帯魚にとっては、どちらもほとんど不要です。

    水槽にとっては、二酸化炭素や窒素は藻が繁殖する原因になるので、よごれやすくなります。

    というわけで、水槽で水草をきれいに育てようと思うと、けっこう至難の業です。

    短期的には、二酸化炭素を過剰なくらい水に溶かせて、光をガンガン当てれば、水草は育つのですが。

    中長期的に考えると、それでは限界があります。

    水が汚れたり、Phが偏りすぎたり、いろんな支障が出てきます。

    これって、とてもプロジェクト管理と似ています。

    短期的に観れば、売り上げ目標とか必要な資材とかをそろえれば、なんとか成果は上がります。

    でも、栄養をあたえるだけでは、長続きしない。

    というのが1つ。

    それから、重要なのは、「水草そのものを管理するとうまくいかない」ということです。

    水草そのものを管理したいわけではなくて、水槽がきれいで清潔に保たれて中長期的にバランスがとれているかどうかが重要です。

    これが、プロジェクトを成功させるプロジェクト管理の秘訣です。

    わかりづらい話はこれくらいにしておいて。

    プロジェクト管理でメジャーなのは、タスクやToDo管理、工程管理、それから米国で流行っているのが時間管理。

    これらは、すべて、水草が何cm伸びたかとか、どの水草がどれくらい二酸化炭素を吸収しているか・・・みたいなことで、水草の管理や診断しかできていません。

    肝心の、プロジェクトそのものが順調かどうか、修正が必要かどうかがいっさい見えてきません。

    もっと働け、早くしろというしかありません。

    まぁ、そういわれたところで、水草は困ります。

    「これ以上無理です」みたいなことになります。

    こうして、プロジェクト管理は忘れ去られて、やはり「社員のモチベーション管理」に戻ってしまいます。

    よくよく考えれば、やってることは同じです。

    ようは、水草にもっと働けっていってるわけですから。

    プロジェクト管理をしなくなっただけ時間の無駄はへりますが。

    だから、ジニーフレームにかぎらず、プロジェクト管理ツールを採用するなら、プロジェクト全体を見渡すことが重要です。

    そうすれば、プロジェクトはより効果的に成功します。

    プロジェクト全体を見渡せるツールであるかどうかは、重要な要素です。

    Provisional CEO
    Kensin.

    facebookからもプロジェクト管理の質問

    「もっと気軽に聞いてみたい」というかたは、facebookから。プロジェクトに関する質問などもお気軽に。

    Top