• ひとりクマ【どうしてこうなった?04】

    投稿 3 2016年6月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【どうしてこうなった?04】

    「育て方を間違ったわ」といって子どもを傷つける親。

    この環境で育つと、

    遠回しに人を傷つけることが会話の1つだと思うようになる。

    もっと、根源的なことをいえば、

    うまくいかないことがあると、

    遠回しにだれかを傷つけて、相手に反省を促して、

    相手を変えようとがんばるようになってしまう。

    被害者ぶるのは勝手だとしても、

    被害者ぶって相手を変えてしまえばいいやと思う気持ちがいやしい。

    Top

  • ひとりクマ【どうしてこうなった?03】

    投稿 1 2016年6月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【どうしてこうなった?03】

    親子で意見が食い違うと、

    事実を検証する気もなく、一方的に子供がまちがっている

    と決めつけようとする親。

    こんな環境にいた子供は、

    意見が違うことはよくないこと

    意見は一致させないといけない

    意見はどちらかがどちらかを強制的に変えるのがいい

    しかも、可能な限り相手が意見をこちらにあわせるべき

    と勘違いしてしまうようになる。

    Top

  • ひとりクマ【どうしてこうなった?02】

    投稿 31 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【どうしてこうなった?02】

    自主的、積極的にやっている人を見ると

    うっとうしく感じてしまう人。

    自主的、積極的にやってしまうと、

    まわりからうとまれるのではないかと思って心配になってしまう人。

    だから、許可や責任転嫁がないとなにも行動できなくなる。

    いわれたことだけを『やってあげる』という人になる。

    やりたいことがあると『だれかのため』と言わないとできない人になる。

    Top

  • ひとりクマ【どうしてこうなった?01】

    投稿 30 2016年5月 by その辺の クマ in その辺のクマ with 0 comments

    ひとりクマ【どうしてこうなった?01】

    会話がうまくいかなくて悩むことは多いと思われがち。

    だけど、本当のところ、うまくいかない会話を積極的にやろうとしているから

    会話がうまくいかないと勘違いしていることのほうが多い。

    話すことで、わかりあったり、認め合ったり、合意形成したりするつもりが

    はなっからないので、これでは、会話がうまくいくいかない以前の問題になってしまう。

    だれにでも、少なからず、うまくいかさないための会話パターンを持っているもの。

    いったい、いつのまに、こんな不自由な会話法を身に付けてしまったのか。

    その謎を解くひとりクマシリーズスタートです。

    Top