• ほとんどなにもない

    投稿 27 2011年11月 by 暫定CEO in プロジェクトについて with 0 comments

    しごとにて石垣島。

    11月の石垣島は、シーズンオフにもかかわらず、

    活気に満ちている。

    あるのは、

    青い海と離島へいくターミナル港。

    あとは、とりたててなにもない。

    それでも、いたるところ、活気に満ちあふれている。

    人がなにかを購入する重要な要素。

    これ以外はとりたててなにもない、というシンプルさ。

    ビジネスでも、

    やりたいこと、やれそうなことは、

    山ほどあるが、

    なにをやらないかが重要な要素の1つとなる。

    経験豊富な登山家も、

    エベレストやK2などに登るときには、

    なにをもって行くかより、

    なにをもって行かないでおくかが勝負になる。

    重要なのは、

    ほとんどなにもない

    とい印象。

    つまり、

    (ほとんどなにもないけど)あるべきものがある

    ということ。

    旅行のスナップ写真なら、人物と景色が写っていれば、

    あとはほとんどなにも写っていなくていい。

    自宅が写っている必要はないし、

    関係のないものが写っている必要はない。

    世界中のほとんどのものが写っていなくていい。

    むしろ、写っていないほうがいい。

    石垣島にいって写真を撮ったら、

    背景にスフィンクスが写っていた

    とかなったら、ややこしくてしかたない。

    よけいなことをせず、

    重要なことを1つか2つしていれば、

    ビジネスは、かならずうまくいく。

    Top

Top

コメントの投稿

Gravatar