• 基本的に、

    やるべき作業を細かく分解して時系列でならべたもの

    がガントチャートだけど。

    日本も含め世界の一流経営者が

    ガントチャートおすすめです

    って言ってるのを聞いたことある?

    経営者がいいと思ってないものなのに、

    それを社員に求める・・・なんて理不尽きわまりない。と思う。

    何時間、どんな作業をやったか

    というのは、結局なにも意味していないし、

    なにも表現できていない。

    つまり、なんの指標でもないもの。

    アインシュタインさんやエジソンさんが、

    なにを何時間やったか

    なんてだれも知らないし、

    本人だって気にしていなかっただろう。

    かろうじて、ガントチャート作成過程で、

    やるべきことが明確になる

    というのはあるかもしれないけど。

    それって、WBSやん、ってことになる。

    まぁ、そんなこんなはいいとして。

    一般的にガントチャートの横軸を時間にしてしまうから誤解が生じる。

    今後、ガントチャートをつくるときは、

    時間を縦軸にしよう。

    作業を下から積み上げていくようにチャートをつくることにしよう。

    そうすれば、誰の目にもあきらかになる。

    上に行く(時間が進む)ほどに、不安定になるということが。

    そうやって、プロジェクトが崩壊していくということが。

    作業を時間ごとに積み上げるのがガントチャートだから、

    それは、

    下からブロックを積み上げるようなもの。

    最新の注意を払って積み上げても、

    いずれ崩れるのが自然の原理。

    しかも、

    興味深いことに、

    ブロックの上だけ崩れる

    なんてことはない。

    だいたい、

    土台に近いところから

    全部崩れてしまう。

    jengaを毎日やれと言われたら、気分がわるくなる。

    Top

Top

コメントの投稿

Gravatar