• Google インスタント検索

    とかいうのが、先日、Googleからリリースされてる。

    特長は、つぎのとおり。

    • キーワード予測 – Googleインスタント検索の主要技術として、キーワードを入力し終わる前に検索キーワードの残りを予測する(薄灰色の文字)ことができます。入力しようとしていたキーワードが一番上に表示されたら、最後まで入力することなくその検索結果を見ることができます。
    • インタラクティブな検索結果 – キーワードを入力するそばから適切な検索結果を予測してリアルタイムに表示します。途中で、検索結果を見ながらキーワードを変えれば、すぐに検索結果も変わり、迅速に探している情報を見つけることができます。
    • 矢印キーで素早いキーワードの切り替え – 予測キーワード候補を矢印キーを使って選択することで、それぞれのキーワードに対する検索結果を瞬時に表示することができます。

    以前のブログ記事で、成功者のパターンについて書いた。

    成功者にはつぎの2パターンの成功法則がある。

    ●じっくり考えて成功するビジネスパーソンが成功する
    ●即実行で成功するビジネスパーソンが成功する

    どちらで成功できるかは、

    その人の個性による。

    以下の3記事にまとめてあるので、くわしくはそちらで。

    思いつきの実践とプロジェクトの成功

    ビジネスパーソンが成功する前の特徴

    Eric Schmidtにかわって、Larry PageがCEOに

    Eric Schmidtさんにかわって、Larry PageさんがCEOになり、

    さっそく、そのちがいがあらわれてる。

    インスタント検索の構想として、

    1999年からプロトタイプが始動しているらしい。

    じつに、10年以上もリリースされずにいたサービス。

    Eric Schmidtさんは、「じっくり考えて、完成度の高いものをリリースすることで成功する」タイプなので、

    完成度の低いインスタント検索をリリースせずに、

    Googleブランドを成長させてきた。

    それが、「即実行で成功」タイプのLarry PageさんがCEOになったタイミングで、

    インスタント検索がいきなりリリース。

    成長する企業のリーダーがいかに、リーダーシップを発揮できているかが、

    強烈にわかる。

    急にインスタント検索が熟成されて完成度が高くなった・・・

    わけではなく、

    たんに、

    CEOが交代して、タイプがかわっただけ。

    Eric SchmidtさんがCEOのときは、

    完成度の低いサービスがリリースされないように統制がとれていたし、

    Larry PageさんがCEOになったとたん、

    ちゃんと、完成度の低いサービスでもどんどんリリースされていくようになった。

    企業のトップ交代で、タイプがかわったときに、

    その変化に順応できる企業は、それほど多くない。

    コンピューターメーカーのAppleが失敗している。

    スティーブ・ジョブズさんは、「即実践で成功タイプ」で、

    解任後、何人かの「じっくり」タイプが、かわるがわるCEOに就いた。

    けれど、

    斬新でよくフリーズするOSで愛されていたAppleブランドを、

    急に、完成度の高い堅実な、じっくり型のサービスに変更することはむずかしく、

    Appleブランドは、崩壊寸前までいった。

    たとえば、スティーブ・ジョブさんと同タイプのLarry Pageさんが、

    当時、AppleのCEOに就任していたら、

    なんの問題もなく、

    Appleブランドは、安定して成長しつづけただろうと思う。

    どんな規模の企業であれ、

    トップのタイプが変更されたときは、

    劇的な変更が必要とされる。

    Top

Top

コメントの投稿

Gravatar