• 経営コンサルタントの船井幸雄さんが、新刊を出すにあたって、自サイトでつぎのように書かれてた。

    本書のポイントは、つぎの二つになります。
    まず一つめです。世界の人々の常識は「性悪説発想」そして「エゴこそ大事」「自然を征服するのが人間の役割」と考えているようですし、「競争は善」であり、「陰謀、策略は賢者の必要欠くべからざるもの」という発想で生きているようです。

    二つめは、しかし「日本人はいま狙われているようだ」ということを知ってほしかったのです。

    BY 船井幸雄さん(原文

    よわいを重ねたからこそ言えるのか・・・どうかわからんが。

    競争に勝つこと、陰謀や策略で理想を実現することは、賢明に生きる知恵で、

    行使すべきだという発想は、

    日本人には根本的にない発想で、

    欧米では随所に観られる発想だ。

    で、

    「日本人はいま狙われているようだ」というのがミソ。

    もし、なにか陰謀があっても、

    それは、

    あくまで、

    陰謀

    だから、だれも「狙ってますよ」とは言わない。

    だから

    「日本人はホントに狙われているのか?」という議論は、

    どこまでいっても役にはたたない。

    重要なのは、

    「どうも、日本人は、いま、狙われている疑いがおおいにあるだろう」

    という見識。

    「狙われてることを全面的に否定するのも肯定するのもバカげている」

    というわりきり。

    重要というのは、

    ジニーフレームに興味をもたれるような

    経営者や個人事業主、夢を実現したい人にとって

    重要ということ。

    国連の報告にも、

    「このままでは、ドルが崩壊するかもしれない漠然とした懸念がある」

    とあるように。

    世界がダイナミックに動いている。

    そんななか、

    経営者も個人もたいていは、

    多くのしあわせを願って、

    生きている。

    もし、ホントに見えないところで動いている謀略があるとしたら、

    まじめにビジネスしてても、夢を実現しようとしても、

    あるいは、クリーンなエネルギーがいいなぁといったことでも、

    実現しづらいし、まじめに考えるだけ損な感じですらある。

    でも、

    案外、

    コトはかんたん。

    「狙われてるかどうかわからないけど、
     なにも、わざわざ、
     その可能性をつよく否定することもないな。
     その可能性も多少は考慮して、
     いま、自分のできる最善のビジネスと生き方を
     考えればいい」

    というポジションに立てばOK。

    「詐欺師?
     まぁ、世の中には
     そういう人もいるらしいね」

    そう思っているだけで、詐欺師は詐欺をしづらい・・・みたいな感じ。

    すくなくとも、

    あらゆる可能性を考慮して、

    もっとも自分(達)のやりたいことを

    どんどんやっていくのが、

    プロジェクトの楽しみ方だ。

     

    Top

Top

コメントの投稿

Gravatar